見た目で分かる、仕事ができる人、できない人・・・

皆さんもご存知かと思いますが、
社会においては、見た目で「仕事が出来る人」と「仕事が出来ない人」が判断されることが多いようです。

世の中には、仕事もろくろく出来ないのに、
チャラチャラ外見ばかり気にして、
お金と手間を必要以上にかけている人もいるみたいですが、
それは、あながち間違っているわけではないのかもしれません。

仕事が出来る人は、見た目が貧相ではダメなのです。
すなわち社会的に成功している人は、身なりがきちんとしていなくてはいけません。

見た目が立派だったら、仕事が出来る人になれるという保証はありませんが、
例えば取引先がいるような仕事をしている場合は、
その人の見た目は、大きく関わってくるのではないでしょうか。

やはり外見が悪い人よりも良い人の方が、相手に与える印象はアップするのです。

例えば貧乏な家の子は、安くてヨレヨレの服を着ているイメージがありますが、
良い家柄の子は、汚れやシワのないきちんとした服を着ているイメージがありますよね。

ビジネスにおいても同じで、
安くてヨレヨレのスーツを着たり、ボサボサの髪をしている人は、
みすぼらしい印象を与えてしまうので、とても仕事が出来そうには見えないと思います。

なので、仕事が出来るとか出来ないとかは関係なく、
見た目をきちんと整えることは、ビジネスにおいては大切なんですね。

もしあなたが「この人は仕事ができそう」と思われたいのであれば、
見た目をちゃんとして、好印象にすることから始めてみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>